水の飲み方で美しい身体を作る!水の温度に注意をしよう

入浴前の一杯の水分補給が大切

美容のために熱い風呂に入るのが好きだという人であっても、水分補給の重要性に気付いていない事も珍しくありません。入浴によって身体から出て行く水分というのは相当な量があり、お風呂から出てからも身体から汗が出てきてしまいます。喉が渇いてから水分を補給していては、血管に対する負担を大きくしてしまって、血管破裂などの悪影響が出てきてしまいかねません。入浴前には一杯の水を飲んで、水分不足に対処をしてから熱いお風呂に入る事をおすすめします。そうする事でデトックス効果も高まり、美肌作用も感じやすくなることでしょう。

対応に近い温度の水を飲みましょう

入浴前などに水を一度に多く飲む場合には、その水を体温に近い温度にまで温めておく事をおすすめします。体内に入った水というのは、体温に近い温度になるまで胃の中で温度調節をされるので、水が吸収されるまでに時間をかけてしまう場合もあります。そのせいで水分不足の状態が続いてしまい、結局は入浴時に血管に大きな負担をかけてしまう事になりかねません。お湯を飲む際にも注意が必要で、冷えた水と同じく吸収までに時間を要するだけでなく、熱すぎるお湯は胃の粘膜や食道を傷めてしまう可能性もあります。デトックス効果を高めるためには、スムーズな水分吸収が必要だと考えてください。

20分以上の入浴がデトックス効果を高める

入浴中に身体の毒素を排出するための、デトックス効果を高めるためには20分程度の時間をかけて、お湯に浸かっておく事を推奨します。42度程度のお湯に浸かっておくのが理想的で、43度以上のお湯では温度が高すぎて、皮膚や血管に余計なダメージを負わせる事になりかねません。じっくりと汗を流せる温度設定のお湯に身体を浸からせる事で、体液の流れも更にスムーズになり、デトックス効果を自分でも実感しやすくなることでしょう。

品川美容外科の2chについて調べる